芝生、花き類

ニュースリリース

BoschとBASF、スマート農業分野における合弁会社設立の承認を取得

Bosch(以下「ボッシュ」)とドイツの総合化学メーカーBASFの子会社であるBASFデジタルファーミング社(本社:ドイツ)が、スマート農業技術を一社から世界的に販売することを目指し、出資比率を50:50とするジョイントベンチャー (以下「JV」) を設立することについて、競争当局より承認を得ました。JVは「Bosch BASF スマートファーミング」(本社:ドイツ、以下「BBSF」)として登記されます。

「xarvio® CONNECT」が高速、安全でスムーズな農機とのデータ通信を実現

ドイツの総合化学メーカーBASFの子会社である BASF デジタルファーミング社(本社:ドイツ)は、xarvio® FIELD MANAGER(ザルビオ フィールドマネージャー)と農機間の高速、安全かつスムーズなデータ通信をサポートする、持ち運び可能なハードウェア機器のxarvio® CONNECT(ザルビオ コネクト)を上市しました。オーストリア、フランス、ドイツ、ハンガリー、ポーランド、ウクライナ、英国の生産者がこの革新的な機器の実地試験に参加しました。

BASF、持続可能な農業を実現するイノベーションパイプラインを拡充

BASF(本社:ドイツ ルートヴィッヒスハーフェン)は生産者が抱える環境保護や経済的な課題の解決を支援し、消費者の持続可能な方法で生産された食品へのニーズに応えるため、持続可能な農業のためのイノベーションを創出する研究開発活動を強化します。今後10年の間に市場に投入される農業向けソリューションのパイプラインは、持続可能性(サステナビリティ)に貢献する農業ソリューションの売上シェアを毎年7%増加させるという目標*1の達成を後押しします。2030年までに30を超える大型研究開発プロジェクトが、BASFの種子および種子処理製品、化学的・生物学的ソリューション、デジタルサービスとの包括的な提案を補完する役割を果たします。ピーク時の売上高は75億ユーロにのぼる見通しです。2020年、BASFはアグロソリューション事業セグメントの研究開発に8億4000万ユーロを投資しました。これは同事業セグメントの売上高の約11%を占めています。2021年も高水準の研究開発投資を継続する予定です。

BASF、JA全農との協業によりAIベースの栽培管理最適化デジタルプラットフォーム「xarvio® FIELD MANAGER」を日本で上市

日本のxarvio® FIELD MANAGERには、水管理、種子処理と育苗箱処理、水稲に特化したバイオマスマップ、0.5ha未満の農地でも利用可能なNDVIマップ、雑草防除支援機能など、国内の生産者のニーズに合わせた固有の機能が含まれます。BASFは昨年、JA全農と協力し、国内で水稲と大豆の圃場における実証実験を通じて生育ステージ予測と病害発生予測の精度を検証し、水稲育苗など日本独自の農業を行う圃場でも高い的中率を示すデータを得ました。

BASFジャパン、殺虫剤「サンケイ コテツ<sup>®</sup>ベイト」を3月22日に販売開始

BASFジャパン株式会社(本社:東京都中央区、以下「BASF」)は、殺虫剤のサンケイコテツ<sup>®</sup>ベイトを3月22日に販売開始します。本剤を使用することで、施設栽培ホウレンソウにおいて防除が難しいとされるホウレンソウケナガコナダニから、長期間作物を保護することが可能になります。サンケイ コテツ<sup>®</sup>ベイトはBASFとサンケイ化学株式会社(本社:鹿児島県鹿児島市)が共同開発し、両社が販売します。

BASFジャパン、「ワンサイド®P乳剤」の販売で大豆生産者に包括的体系防除の提案が可能に

BASFジャパン株式会社(本社:東京都中央区、以下「BASF」)は、石原バイオサイエンス株式会社(本社:東京都千代田区)と、イネ科雑草除草剤のワンサイド®P乳剤をBASFが販売することについて合意しました。BASFは2021年2月16日より同製品の販売を開始します。

BASFジャパン、果樹用殺菌剤「セルカディス®Dフロアブル」を上市

BASFジャパン株式会社(本社:東京都中央区、以下「BASF」)は、果樹用殺菌剤セルカディス®Dフロアブルを2月1日に上市しました。りんご、なし、もも、ネクタリンなど、果樹に発生する主要病害の防除に効果を発揮します。セルカディス®DフロアブルはBASFと日本曹達株式会社(本社:東京都千代田区)が共同開発し、両社が販売します。

BASF、環境負荷の少ない新規殺虫成分の登録申請を世界各地で開始

BASF(本社:ドイツ ルートヴィッヒスハーフェン)は、新規殺虫剤有効成分Axalion®(アクサリオン、一般名:ジンプロピリダズ)の世界各地における登録を開始し、オーストラリアと韓国での農薬登録に向けて、関連書類を規制当局に提出しました。これは、BASFの世界的な殺虫剤のポートフォリオをさらに拡大し、農業への持続可能なイノベーションを提供する、当社のポジションを強化する重要なマイルストーンとなります。EU、ブラジル、インドにおいては2021年に申請予定です。その他の主要市場でも、今後数年のうちに関連書類の提出が予定されています。

BASFとDMM Agri Innovationが販売協力を開始 より効果的な鳥獣被害対策を生産者に提供

BASFジャパン株式会社(本社:東京都中央区、以下「BASF」)と株式会社 DMM Agri Innovation(本社:東京都港区、以下「DMMアグリ」)は、農作物を鳥や動物の被害から守るため、DMMアグリが提供する「電気柵」とBASFの非選択型除草剤「バスタ®液剤」の販売協力を開始しました。この提携により、電気柵のメンテナンスが容易になるとともに、管理コストの削減にもつながり、生産者が効果的に作物を鳥獣被害から保護することが可能になります。